雪道にオススメの車種とタイヤ

旅行先の北海道でレンタカーを利用したい。
そんなふうに思っている人もいるかもしれません。
特に冬の北海道旅行であれば、雪道を想定してレンタカーも選ぶ必要があります。
ではどんな基準で選ぶといいのでしょうか?

レンタカーは4WDがオススメの理由

現地の人なら、日常生活の中で雪道の運転について自然と身についているかもしれません。
ですが本土の人は、雪道を運転する機会はそう多くはありません。
雪道でも、少しスピードを落として慎重に運転すれば大丈夫だろ。
そんなふうに甘く思っていませんか?

雪道に慣れていない人は、レンタカーでは4WDを選ぶ事をオススメします。
間違っても軽を選んではいけません。
4WDを選ぶ理由は、発進時の安定感と、もし雪道にハマって動かなくなってしまった場合に、駆動力が他の車種と比べて高いので、脱出しやすいためです。

ただし、北海道の運転=4WDが最適という訳ではありません。
夏の北海道の場合は、雪道の心配はありません。
そして4WDは4つのタイヤが全て駆動力に伝わるので、燃費は悪くなってしまいます。

なので夏の北海道は、山道や坂道など駆動力が必要な道路を運転する以外は4WDを選ばなくても大丈夫です。

レンタカーでは車種よりもタイヤ重視

あと北海道の雪道を走る場合に、4WDがいいと紹介しましたが、選ぶ車種も重要ですが、それ以上に重要なのはタイヤです。
スタッドレスタイヤを装着すれば、雪道を走る事が可能になりますが、雪道での走行パワーに関しては、タイヤチェーンの方が上回ります。ただし、タイヤチェーンは雪道以外を走行するとチェーンが切れて事故につながるため、運転時に注意が必要です。

またスタッドレスタイヤも、普段のタイヤと同じ感覚で運転すると危険です。
特に乾いた道と湿った道とでは、ハンドルやブレーキの効き方などが違ってきます。
なので急ブレーキなどは絶対に使用せずに、いつも以上に安全運転を心掛けて下さい。

運転手付きレンタカーと観光タクシー

旅行先が北海道の場合、移動手段はレンタカーの方が効率的な場所が多々あります。
ですがレンタカーを利用したいけれど、旅行のメンバーの中に運転出来る人がいなかったり、旅行中は美味しい料理に美味しいお酒を飲みたいという人もいるでしょう。
ではレンタカーにオプションで運転手をつける事は可能なのでしょうか?

レンタカー会社のオプションに運転手はNG

レンタカー会社のオプションに運転手を付けれたら便利ですが、そんなオプションは存在しません。
なぜかというと、レンタカー会社が運転手を用意する事は違法行為となるからです。
ですが、2012年の派遣法の改正で、運転手を派遣する会社の運転手がレンタカーを運転する事は可能になりました。

つまりレンタカー会社が運転手を用意する事は出来ないけれど、派遣会社が運転手を用意し、レンタカーを運転するのは可能だという事です。そのためレンタカーと運転手をそれぞれ別個に予約しておけば、レンタカー付き運転手を用意する事は可能だと言えるでしょう。

観光タクシーについて

ただレンタカー会社のオプションではなく、運転手を派遣するという事は、料金の支払いがそれぞれ発生します。
そのため観光タクシーを利用する場合と、どちらがお得になるのか、予約する前に調べてみる事をオススメします。観光タクシーとは、言葉通りタクシーが観光ガイド役を兼ねていて、観光名所に連れて行ってくれるだけでなく、ホテルや駅、空港など希望の場所に連れて行ってくれますし、地元の人が知る美味しいお店も教えてくれます。

ちなみにタクシー会社によって、コース内容は異なりますが、3時間コースや1日コースなど用意してあります。
料金は3時間で15000円程度です。
さすがに自分で運転するレンタカーよりも割高の料金設定になりますが、運転とガイドをしてもらえてこの料金ならお得だと言えるでしょう。タクシーなのでガソリン代を負担する事もありません。

特に外国人観光客の場合、事前に指定しておけば、英語、中国語、韓国語など、外国語対応の乗務員にガイドしてもらう事も可能です。

移動手段「電車」「バス」「レンタカー」の比較

北海道旅行を計画する時は、面積が広いため、適切な移動手段で移動しないと、目的地に辿りつくまでに時間がかかり、ゆっくり観光する時間が取れなくなってしまうかもしれません。
北海道にはオススメの観光スポットもたくさんあるので、適切な移動手段で旅行のスケジュールを立てましょう。

北海道の適切な移動手段

北海道の移動手段は、電車、バス、レンタカーなどが挙げられます。
それぞれメリットとデメリットがあるので、それらを把握した上で、自分の旅行の目的に最適な移動手段を選ぶようにして下さい。

「電車」は長距離を短時間で移動するには、電車が適していると言えます。
ただし、路線が少ない、目的地まで電車で行けないという状況も多々あります。
そのため北海道で電車を利用する場合は、空港から最初の目的地までは移動手段は電車で、そこからレンタカーに切り替えると効率よさと利便性がアップすると言えます。

「バス」を利用するメリットは、料金が比較的安く、路線も多いので観光スポットのすぐ近くまでバスで行く事が可能です。また路線バス以外にも旅行には、観光バスも上手に活用する事をオススメします。

ただしバスのデメリットは、地方に行くほど本数が減ってしまいます。
都心部であれば10分に1本ぐらいのペースで、バス停にバスは到着するため、それほど待たずにバスに乗る事が可能です。ですが北海道でも都心部を離れてしまうと、かなり田舎です。

そうするとバスは30〜60分に1本程度しかなく、しかも最終バスが20時台と早くに終わってしまい、夜の移動には不向きだと言えます。

北海道の場合、観光地にあるホテルや旅館であっても、車でないと行けない場所にあるケースは少なくありません。そのため宿泊先から色んな観光地を見て回りたいと思ったら「レンタカー」が1番効率的です。

しかも料金的にも1人旅だとレンタカーは、電車やバスよりも割高ですが、4人でレンタカー料金を割れば割安となります。それに運転出来る人が複数人いれば、運転に疲れたら交代出来るので、運転する人の負担が軽減されます。

格安レンタカーの注意点と活用法

旅費を抑えたいと思ったら、食費やホテルの宿泊費はせっかくの旅行でグレードを下げたくないから、交通費から手をつけるという人が多いのではないでしょうか?
そのため格安航空券や格安レンタカーのサービスを提供する会社が増えてきています。
では格安レンタカーの上手な活用方法を紹介します。

格安レンタカーの注意点について

格安レンタカーは、大手レンタカーの半額以下の料金で利用する事が出来てお得です。
しかしながら、なぜ安くサービスを提供する事が可能なのか、その安さの理由についてキチンを把握しておきましょう。

まず格安レンタカーのサービスを提供している会社の多くが、レンタカーが本業ではありません。
本業はガソリンスタンドや自動車整備工場で、レンタカーはその副業にすぎません。
もちろん、ガソリンスタンドも自動車整備工場も、どちらも車を扱う仕事なので、車について詳しい営業マンで整備もキチンとすませた車を使用できるというメリットもあります。

しかしながら、レンタカーを新車ではなく、中古車を使用しているというデメリットがあります。
そのため大手レンタカーでは、カーナビやトランスミッターは標準装備ですが、格安レンタカーの場合は、オプションでお金を払って装備を付ける必要があります。

そしてオプション料金は、決して割安ではないため、オプションを付けた料金は実はそれほど格安ではないという点に注意して下さい。
その上で中古車で燃費が悪い点を考慮すると、状況によっては大手レンタカーを利用した方がお得になるケースがあります。

格安レンタカーを上手に活用する方法

では格安レンタカーを上手に活用する方法を紹介します。
まず、中古車なので車の性能にはあまり期待しない事です。
キチンと清掃されていて、問題なく走ればOKぐらいの気持ちで利用しましょう。

あと短距離の利用であれば、あまり燃費の悪さに拘る必要はありません。
ただし、北海道のように広大な大地を長距離移動するプランを計画している時は、格安レンタカーではなく、燃費のいい高性能な車を利用できる大手レンタカーを利用する事をオススメします。

札幌でオススメのドライブコース

北海道の中でも札幌は都心部で、公共交通機関も整っている都市です。
そのためレンタカーを利用しなくても、移動手段に困る事はありません。
ですがやはりレンタカーがあった方が便利である事は間違いないので、札幌でレンタカーを利用する際のポイントを紹介します。

札幌でもレンタカーを利用しよう

まず札幌にはレンタカー会社も数多く存在するため、効率よくレンタカー会社を選ぶ必要があります。
レンタカー選びの際にオススメしたいサイトは「レンナビ」と「レンタカードットコム」です。
情報量が多く、予約も簡単で、しかも観光情報まで調べられるので便利だと言えます。

また札幌でレンタカーを借りる場合は、新千歳空港周辺で乗り捨てしても、乗り捨ての料金が発生しないケースが大半です。
そのため、レンタカーで観光スポットを巡り、最終日は宿泊ホテルから新千歳空港まで移動するのもレンタカーを利用する事が可能です。

札幌の日帰りドライブコース

では次は、札幌から日帰りで行く事が出来るドライブスポットを紹介します。
北海道の自然を堪能したいという人にオススメなのが、「積丹島武意海岸」です。
「積丹島武意海岸」から見える海は、透明度が高く真っ青なので積丹ブルーと呼ばれています。
「美瑛の深山峠」は、花人街道237号線の中でも、最も景色がいい場所として有名です。
特にラベンダーの季節になると、目の前に一面のラベンダーが広がり、その景色は壮大です。
ドライブ中にも、様々なお花畑を見る事が出来るので、キレイな景色の中でドライブを楽しむ事が出来ます。

231号線から232号線は「オロロンライン」と呼ばれ、絶好のシーサイドドライブとして人気のルートです。
北海道は広く、観光スポットも多いため、どこに行こうか迷ってしまうかもしれません。
その場合は、お花畑、シーサイドドライブ、高原ドライブ、グルメスポット巡りなど1つのテーマを決めて、ドライブコースを選ぶといいでしょう。

北海道旅行中に雨が降ったらレンタカーを利用しよう

せっかくの北海道旅行の日に、雨が降っているとガッカリしてしまいますよね。
荷物を持って、傘をさして移動するのは本当に大変です。
なので、雨の日は特に移動手段はレンタカーを利用する事をオススメします。

雨の日の運転の注意点

雨の日は、極力傘を使わずに目的地の近くまで行けるレンタカーの方が公共交通機関よりも便利です。
ですが雨の日の運転は苦手という人もいるでしょう。
なので雨の日でも安全に運転するために必要な知識を紹介します。

雨の日は、視界が悪く、路面も滑りやすくなるので、事故が増えてしまいます。
だからこそ普段以上に慎重に運転をする必要がありますが、レンタカーで選ぶ車も雨を考慮して選ぶ事をオススメします。

例えば「ABS」と呼ばれるシステムは、濡れた路面でもスリップしないように、コンピューターでタイヤロックがかかるようになっています。そのため雨の日は「ABS」を搭載している車を選びましょう。

雨の日の運転テクニックと言えば、まず加速や減速、車線変更など、全ての操作をスムーズに行って下さい。
路面が濡れていてスリップしやすいからこそ、急ブレーキなどは絶対に避けて下さい。
そして雨で視界が悪くなっているので、自分の車の存在を周囲に知らせるように心掛けましょう。

ウィンカーを早めに出したり、ヘッドランプを点灯させるようにすると、車の位置を周囲に知らせる事が出来ます。

また雨の日はただでさえm視界が悪いのに、車内の湿気によりウィンドウが曇ってしまう事があります。
この場合は、季節に関係なく、エアコンを使用する事をオススメします。
エアコンをつける事で、車内の湿度を一気に取り去る事が出来、ウィンドウの曇も改善されます。

雨の日でも楽しめる北海道の観光スポット

またせっかくの旅行が雨だとテンションが下がると、旅行を楽しむ事が出来ません。
雨でもレンタカーを利用して、移動をスムーズにし、さらに雨でも楽しめる観光スポットへ訪れましょう。
屋内で楽しめる施設としては、「白い恋人パーク」「さっぽろビール博物館」などで大人の社会見学を楽しむ事が可能です。

他にも「サンピアザ水族館」「サッポロスターライドドーム」など室内で楽しめる観光施設はいろいろあるので、旅行の予定を立てる際に、晴れの日用と雨の日用を作成しておくといいのではないでしょうか?

北海道旅行ではオープンカーがオススメ

旅行先でレンタカーを利用する際に、レンタカー営業所で車種を自由に選ぶ事が可能です。
運転し慣れている車種の方が安心という理由から、自宅で所有している車種と同じモノを選ぶ人も多いでしょう。
しかしながらレンタカーだからこそ、自家用車としては不向きだけど憧れの車種を選ぶのも選択肢の1つです。
ではオープンカーの魅力について紹介します。

北海道でオープンカーを選ぶ

北海道旅行では、交通手段としてレンタカーを選んだ方が便利です。
そして夏や冬など冷暖房を利用するシーズンには不向きですが、気候がいいシーズンに北海道へ旅行に訪れるのであれば、オープンカーがオススメです。

なかなか日常生活の中では、オープンカーは注目を集めそうで乗る事が出来ません。
ですが街中を走るのではなく、広大な自然を背景にドライブを楽しむのであれば、オープンカーは風や自然の香りを楽しむ事が出来るのでオススメだと言えます。

また屋根のないオープンカーは、開放感を感じる事が出来、旅行らしさを盛り上げてくれるでしょう。

オープンカーの注意点

オープンカーに憧れはあっても、実際には乗った事がないという人も多いでしょう。
そのためオープンカーを快適に乗るための対策について紹介します。

まず「虫対策」は必ず必要です。
特に北海道の広大な自然の中をドライブする場合は、外には虫がいます。
運転速度を上げれば、虫が追い付けないのでは?

そんなふうに思うかもしれませんが、実は高速で走った方が虫がつきやすいので、スピードは落とし気味に運転しましょう。
虫よけスプレーも利用する事をオススメします。

あと夏場ではなくても、「紫外線対策」は必要です。
オープンカーには屋根がないため、直射日光を遮る事が出来ません。

顔や腕などの紫外線対策は、日頃からしている人もいるかもしれませんが、忘れがちなのは頭皮や目の日焼けです。頭皮や目も紫外線でダメージを受けやすいので、帽子やサングラスも用意しておきましょう。

北海道旅行、公共交通機関VSレンタカー

北海道は、都心部と都心部以外とでは、公共交通機関に大きく差があります。
では北海道の観光スポットのうち、どの地域であれば公共交通機関が整っていて、どの地域であれば公共交通機関が整っていないのでしょうか?

公共交通機関が整っている地域

北海道で公共交通機関で不便を感じない地域とは、札幌、小樽、函館です。
これらの地域は、北海道でも人気の観光スポットがたくさんある地域でもあります。

札幌などはかなり都会なので、レンタカーを利用しなくても、公共交通機関のみの利用で十分北海道旅行を楽しむ事が出来るでしょう。
むしろ都心部では観光スポットで駐車場を確保する方が難しくなるので、公共交通機関を利用する方がオススメだと言えます。

レンタカーの方が便利な地域

北海道を旅行する際、旭川や帯広、釧路、北見などの地域を観光しようと思っている人も少なくないでしょう。これらの地域は、公共交通機関がない訳ではありませんが、観光スポットの立地条件を考えると、公共交通機関のみの移動は大変だと言えます。

そのためレンタカーを利用して、観光スポットを巡る事をオススメします。
またそれ以外の地域も、一部の都心部を除けば、北海道は広大な自然がメインとなり、公共交通機関の整備は不十分だと言えます。

特に温泉地なども数多くありますが、レンタカーで行く方が便利な場所にあります。
温泉地以外でも、穴場な観光スポットの多くは、車がなければ不便な場所にあり、北海道旅行はレンタカーを利用する事がオススメです。

ちなみに北海道では、目的地まで一般道と高速道路がある場合、高速道路を選びようにして下さい。
他の都道府県であれば、高速道路だと高速料金がかかるし、一般道でもそれほど時間がかからないかもしれません。ですが北海道は面積が広いため、移動距離が非常に長いという事を理解しておく必要があります。

なので移動手段としては、最短ルート、最速ルートである高速道路を利用しないと、移動時間ばかりかかり、観光に時間があまりとれなくなってしまいます。

北海道ならレンタカー付きプランがオススメ

旅行先によっては、移動手段はレンタカーが最も効率的な場所も少なくありません。
そして旅行先でレンタカーを借りようと思っているのであれば、レンタカー付きプランがオススメです。
ではレンタカー付きプランについて紹介していきます。

レンタカー付きプランが人気

航空会社や旅行会社では、レンタカー付きプランを用意しているところが増えてきています。
レンタカー付きプランとは、言葉通り、航空券+宿泊のプランにレンタカーが付いているプランです。
個別に予約し、購入するよりも、まとめてプランで購入した方が割引率が高くなり、お得な価格でレンタカーを借りる事が出来ます。

また手続きもそれぞれ個別に予約するよりも、まとめてプランで予約した方が手間がかからないというメリットもあります。
さらにレンタカー付きプランの方が、空港から送迎してもらえたり、待ち時間がなく、スムーズに手続きを行う事が出来るので、旅行中の時間を有効に使う事が出来、旅行をより満喫する事が出来るでしょう。

さらに航空会社や旅行会社によって、レンタカー付きプランのオプションは異なりますが、例えば大手航空会社のANAのレンタカー付きプランのオプションを紹介します。

オプション内容は、レンタカーのカーナビ、ETC・CDプレーヤーが標準装備である事、チャイルドシートを借りる場合に、レンタル料の追加が発生しない事、レンタカーの営業所で手続きを短くする事が出来る、オリジナルロードマップをプレゼントなどのお得なサービスが付いてきます。

ANAの北海道レンタカー付きプラン

北海道は国内有数の観光地として人気があります。
そのためANAでも北海道のレンタカー付きプランは、かなり充実していると言えるでしょう。
また北海道は広いので、選ぶプランによって行き先も大きく異なります。

北海道は数日で全て回り切れるほど小さくないので、ここだけは行きたいというスポットを絞り込んで、そのスポットに適したプランを選ぶといいでしょう。

北海道に初めて訪れるという人は、最初は定番の観光名所が多い札幌を選んでみるといいかもしれません。