移動手段「電車」「バス」「レンタカー」の比較

北海道旅行を計画する時は、面積が広いため、適切な移動手段で移動しないと、目的地に辿りつくまでに時間がかかり、ゆっくり観光する時間が取れなくなってしまうかもしれません。
北海道にはオススメの観光スポットもたくさんあるので、適切な移動手段で旅行のスケジュールを立てましょう。

北海道の適切な移動手段

北海道の移動手段は、電車、バス、レンタカーなどが挙げられます。
それぞれメリットとデメリットがあるので、それらを把握した上で、自分の旅行の目的に最適な移動手段を選ぶようにして下さい。

「電車」は長距離を短時間で移動するには、電車が適していると言えます。
ただし、路線が少ない、目的地まで電車で行けないという状況も多々あります。
そのため北海道で電車を利用する場合は、空港から最初の目的地までは移動手段は電車で、そこからレンタカーに切り替えると効率よさと利便性がアップすると言えます。

「バス」を利用するメリットは、料金が比較的安く、路線も多いので観光スポットのすぐ近くまでバスで行く事が可能です。また路線バス以外にも旅行には、観光バスも上手に活用する事をオススメします。

ただしバスのデメリットは、地方に行くほど本数が減ってしまいます。
都心部であれば10分に1本ぐらいのペースで、バス停にバスは到着するため、それほど待たずにバスに乗る事が可能です。ですが北海道でも都心部を離れてしまうと、かなり田舎です。

そうするとバスは30〜60分に1本程度しかなく、しかも最終バスが20時台と早くに終わってしまい、夜の移動には不向きだと言えます。

北海道の場合、観光地にあるホテルや旅館であっても、車でないと行けない場所にあるケースは少なくありません。そのため宿泊先から色んな観光地を見て回りたいと思ったら「レンタカー」が1番効率的です。

しかも料金的にも1人旅だとレンタカーは、電車やバスよりも割高ですが、4人でレンタカー料金を割れば割安となります。それに運転出来る人が複数人いれば、運転に疲れたら交代出来るので、運転する人の負担が軽減されます。

関連する記事