北海道旅行、公共交通機関VSレンタカー

北海道は、都心部と都心部以外とでは、公共交通機関に大きく差があります。
では北海道の観光スポットのうち、どの地域であれば公共交通機関が整っていて、どの地域であれば公共交通機関が整っていないのでしょうか?

公共交通機関が整っている地域

北海道で公共交通機関で不便を感じない地域とは、札幌、小樽、函館です。
これらの地域は、北海道でも人気の観光スポットがたくさんある地域でもあります。

札幌などはかなり都会なので、レンタカーを利用しなくても、公共交通機関のみの利用で十分北海道旅行を楽しむ事が出来るでしょう。
むしろ都心部では観光スポットで駐車場を確保する方が難しくなるので、公共交通機関を利用する方がオススメだと言えます。

レンタカーの方が便利な地域

北海道を旅行する際、旭川や帯広、釧路、北見などの地域を観光しようと思っている人も少なくないでしょう。これらの地域は、公共交通機関がない訳ではありませんが、観光スポットの立地条件を考えると、公共交通機関のみの移動は大変だと言えます。

そのためレンタカーを利用して、観光スポットを巡る事をオススメします。
またそれ以外の地域も、一部の都心部を除けば、北海道は広大な自然がメインとなり、公共交通機関の整備は不十分だと言えます。

特に温泉地なども数多くありますが、レンタカーで行く方が便利な場所にあります。
温泉地以外でも、穴場な観光スポットの多くは、車がなければ不便な場所にあり、北海道旅行はレンタカーを利用する事がオススメです。

ちなみに北海道では、目的地まで一般道と高速道路がある場合、高速道路を選びようにして下さい。
他の都道府県であれば、高速道路だと高速料金がかかるし、一般道でもそれほど時間がかからないかもしれません。ですが北海道は面積が広いため、移動距離が非常に長いという事を理解しておく必要があります。

なので移動手段としては、最短ルート、最速ルートである高速道路を利用しないと、移動時間ばかりかかり、観光に時間があまりとれなくなってしまいます。

関連する記事