雪道にオススメの車種とタイヤ

旅行先の北海道でレンタカーを利用したい。
そんなふうに思っている人もいるかもしれません。
特に冬の北海道旅行であれば、雪道を想定してレンタカーも選ぶ必要があります。
ではどんな基準で選ぶといいのでしょうか?

レンタカーは4WDがオススメの理由

現地の人なら、日常生活の中で雪道の運転について自然と身についているかもしれません。
ですが本土の人は、雪道を運転する機会はそう多くはありません。
雪道でも、少しスピードを落として慎重に運転すれば大丈夫だろ。
そんなふうに甘く思っていませんか?

雪道に慣れていない人は、レンタカーでは4WDを選ぶ事をオススメします。
間違っても軽を選んではいけません。
4WDを選ぶ理由は、発進時の安定感と、もし雪道にハマって動かなくなってしまった場合に、駆動力が他の車種と比べて高いので、脱出しやすいためです。

ただし、北海道の運転=4WDが最適という訳ではありません。
夏の北海道の場合は、雪道の心配はありません。
そして4WDは4つのタイヤが全て駆動力に伝わるので、燃費は悪くなってしまいます。

なので夏の北海道は、山道や坂道など駆動力が必要な道路を運転する以外は4WDを選ばなくても大丈夫です。

レンタカーでは車種よりもタイヤ重視

あと北海道の雪道を走る場合に、4WDがいいと紹介しましたが、選ぶ車種も重要ですが、それ以上に重要なのはタイヤです。
スタッドレスタイヤを装着すれば、雪道を走る事が可能になりますが、雪道での走行パワーに関しては、タイヤチェーンの方が上回ります。ただし、タイヤチェーンは雪道以外を走行するとチェーンが切れて事故につながるため、運転時に注意が必要です。

またスタッドレスタイヤも、普段のタイヤと同じ感覚で運転すると危険です。
特に乾いた道と湿った道とでは、ハンドルやブレーキの効き方などが違ってきます。
なので急ブレーキなどは絶対に使用せずに、いつも以上に安全運転を心掛けて下さい。

関連する記事