北海道旅行中に雨が降ったらレンタカーを利用しよう

せっかくの北海道旅行の日に、雨が降っているとガッカリしてしまいますよね。
荷物を持って、傘をさして移動するのは本当に大変です。
なので、雨の日は特に移動手段はレンタカーを利用する事をオススメします。

雨の日の運転の注意点

雨の日は、極力傘を使わずに目的地の近くまで行けるレンタカーの方が公共交通機関よりも便利です。
ですが雨の日の運転は苦手という人もいるでしょう。
なので雨の日でも安全に運転するために必要な知識を紹介します。

雨の日は、視界が悪く、路面も滑りやすくなるので、事故が増えてしまいます。
だからこそ普段以上に慎重に運転をする必要がありますが、レンタカーで選ぶ車も雨を考慮して選ぶ事をオススメします。

例えば「ABS」と呼ばれるシステムは、濡れた路面でもスリップしないように、コンピューターでタイヤロックがかかるようになっています。そのため雨の日は「ABS」を搭載している車を選びましょう。

雨の日の運転テクニックと言えば、まず加速や減速、車線変更など、全ての操作をスムーズに行って下さい。
路面が濡れていてスリップしやすいからこそ、急ブレーキなどは絶対に避けて下さい。
そして雨で視界が悪くなっているので、自分の車の存在を周囲に知らせるように心掛けましょう。

ウィンカーを早めに出したり、ヘッドランプを点灯させるようにすると、車の位置を周囲に知らせる事が出来ます。

また雨の日はただでさえm視界が悪いのに、車内の湿気によりウィンドウが曇ってしまう事があります。
この場合は、季節に関係なく、エアコンを使用する事をオススメします。
エアコンをつける事で、車内の湿度を一気に取り去る事が出来、ウィンドウの曇も改善されます。

雨の日でも楽しめる北海道の観光スポット

またせっかくの旅行が雨だとテンションが下がると、旅行を楽しむ事が出来ません。
雨でもレンタカーを利用して、移動をスムーズにし、さらに雨でも楽しめる観光スポットへ訪れましょう。
屋内で楽しめる施設としては、「白い恋人パーク」「さっぽろビール博物館」などで大人の社会見学を楽しむ事が可能です。

他にも「サンピアザ水族館」「サッポロスターライドドーム」など室内で楽しめる観光施設はいろいろあるので、旅行の予定を立てる際に、晴れの日用と雨の日用を作成しておくといいのではないでしょうか?

関連する記事